ほうれい線…【美容液】のお勧めはコチラ♪-ほうれい線に効く化粧品…騙されたと思ってコレを使ってみて!

ほうれい線…【美容液】のお勧めはコチラ♪

ほうれい線に効く化粧品……その美容液をご紹介する前に、簡単にすぐに実践できるほうれい線を消す対策方法をご紹介いたします。

年齢を重ねると共に、ほうれい線が気になりだした!……という女性は多いはず。

そこで今回は、すぐに実践できるほうれい線を消す為の対策方法をご紹介します。


まずは、舌を使って直接アプローチして行きましょう。

アプローチの方法は簡単です。

舌の先を使って口の中から、押し上げていくように5秒間キープします。

これを左右1回ずつ、朝晩に行うだけなので、すぐに実践できるのではないでしょうか。

慣れてきたら、ほうれい線に舌の先を沿わせるように内側から動かし、外側からは人差し指を当てて同時に動かしましょう。

こうした簡単な対策方法でも、毎日続けていれば効果を発揮してくれます。


続いて、口周辺の筋肉を鍛えましょう。

まるで、ふぐのように頬をしっかりと膨らませたら、10秒間キープしましょう。

口周辺の筋肉が張るような意識で、しっかりと膨らませる動作も朝晩に行うだけで構いません。


そして、表情を和らげるストレッチにも取り組んでみましょう。

ストレッチと聞くと、難しく感じる方もいるでしょうが、これはとても簡単です。

口を大きく開いて「あ い う え お」と、それぞれ5秒ほどかけてゆっくりと声を出していくだけでいいんです。

これを3回繰り返したら、今度は口をすぼめて「う~」と声を出してください。

この時に顔のパーツを全て中心に集めるような感覚で、目を細めながら眉間にしわを寄せて、しっかりと口をすぼめるのがポイントです。

その後「パッ」と声を出しながら、目と口を大きく開いて笑顔を作りましょう。

これも交互に3回繰り返せば、表情を和らげるストレッチになります。


このように、ほうれい線を消す対策方法の中には、何も使わないでも、すぐに実践できるものもあります。

まずはこれらの対策方法に、取り組む事をおすすめします。

ちなみに、体や顔が冷えている状態では、効果が期待できないので、出来るだけ体や顔が温まった状態で取り組むようにしましょう。

例えば、入浴中や入浴後などは、体や顔が温まっているので、おすすめの時間帯です。

お気に入りの入浴剤やアロマで香りを楽しみながら入浴していると、リラックス効果も高まります。

その状態で顔を動かす事は、よりリラックスできるので、おすすめです。

また、入浴後はスキンケアを行うという女性がほとんどでしょうから、スキンケアと同時に行う事を心がけるというのもおすすめです。

どちらにせよ、自分にとって継続しやすい時間帯を見つけて、毎日取り組むのが一番です。

ほうれい線に効く美容液【Cセラム】

すぐに実践できる「ほうれい線を消す対策方法」だけでは、物足りない!

……という方には、ほうれい線に効く美容液をお勧めします。

数あるほうれい線に効く美容液の中でも、ビーグレンが販売している美容液の「Cセラム」は、肌本来の力を呼び覚ましてくれると評判の美容液です。

「Cセラム」に配合されているピュアビタミンCはデリケートな成分ですが、高い効果を持っているんです。

そんなピュアビタミンCを、ビーグレンは独自の浸透テクノロジーによって、角質の奥底まで届ける事を実現させました。

これにより、この美容液「Cセラム」を使い続けると、肌が生まれ変わるのです。

「Cセラム」の使い方はとても簡単で、通常の美容液と同じように使う事が出来ます。

両手に軽く広げ、顔全体に馴染ませたら鼻や口周辺を中指と薬指で押さえます。

最後に手の平で顔全体を包み、肌が手の平に吸い付くようになるまで、優しく押さえるだけOKなんです。

つけた瞬間に、じんわりと温かく肌へと馴染む「Cセラム」は、さらりとした使い心地でべたつく事がありません。

その為、べたべたとした使用感が苦手という女性でも、安心して使える美容液になっています。

また、実際に「Cセラム」を使用してみるとわかると思いますが、スーッと伸びて肌にピタッと入り込むといった感じになります。

こうした浸透力の高さが、ほうれい線を消す効果を発揮してくれると言うわけです。


さらに、肌が乾燥しやすい冬場にも「Cセラム」は活躍してくれます。

乾燥した状態で肌を放置していると、弾力やハリが失われ、ほうれい線は濃くなる一方です。

そんな乾燥状態も「Cセラム」ならば、改善してくれます。

乾燥によって失われた弾力を取り戻す事ができるので、モチモチとした肌触りになり、まるで10代の頃の肌のような触り心地に仕上がります。

実際に「Cセラム」を使う事で肌年齢が若返った私ですが、私以外にも、ほうれい線が気にならない若々しい肌を手に入れた女性がたくさんいらっしゃいます。

こうした評判が評判を呼んで、「Cセラム」はリピーターが続出している美容液になっているんです。

使い続ける事で、ほうれい線や肌のたるみ以外にも、長年悩んでいたニキビ跡を消す事ができた、肌荒れの修復が早くなった、開いた毛穴が閉じて来たなど、嬉しい効果がたくさんあり、それがリピートに繋がっている要因です。

ほうれい線を消す事は勿論、肌のありとあらゆるトラブルに悩んでいる女性にも「Cセラム」は強い味方となってくれますよ。

是非皆さんも、「Cセラム」で肌トラブルのない、若々しい肌を手に入れて下さいね。

【プロモーションビデオ】

ほうれい線に効く美容液【Cセラム】の詳細・ご購入はコチラ

ほうれい線に効くマッサージ美容液【QuSomeリフト】

それから、ほうれい線に効く美容液として人気があるのは「Cセラム」だけではないんです。

「Cセラム」と同じビーグレンが販売しているマッサージ美容液「QuSomeリフト」も、ほうれい線に効く美容液として人気を集めています。

そもそも「QuSomeリフト」は、ほうれい線とたるみを消す為に作られたマッサージ美容液です。

その為「Cセラム」よりも、具体的に気になる年齢肌にアプローチできると言えるでしょう。

「QuSomeリフト」には、年齢に負けない肌を手に入れる為の、5つの美容成分が配合されています。

この5つの美容成分は「フェイスリフトコンプレックス」と呼ばれ、肌の引き上げと引き締めの両方に効果を発揮してくれる画期的な成分なのです。


1.重力を制御するアセチルジペプチド-1セチル

2.ハリを与えるクイックリフト

3.美肌に導くシャクヤク根エキス

4.コラーゲン機能を持つデコリニル

5.むくみ解消に繋がるキュアパッション


の5つの美容成分を複合した「フェイスリフトコンプレックス」は、バランスよく肌の奥底まで浸透してくれるんです。

しかもテクスチャーはすべりと伸びが良いので、マッサージしやすく、使い心地がとってもいいですよ。

テクスチャーを顔全体に馴染ませたら、右の顎に左手の四本の指を沿え、耳の後ろまでフェイスラインを引き上げていきましょう。

その後、耳の後ろ、肩、鎖骨といった順番で滑らせていき、反対側も同様に滑らせて行きます。

続いて、両手の四本の指を使って、顎から耳の上まで引き上げ、首を挟んで肋骨まで滑らせましょう。

ほうれい線にも沿うように四本の指を沿え、耳の上まで引き上げたら、先と同様に首を挟んで肋骨まで滑らせて下さい。

小鼻の横は中指だけで押さえ、目頭、眉頭、額の順番で引き上げ、人差し指と中指を使って、目の周辺をマッサージしましょう。

額は両手の四本の指を交互に使って引き上げるように動かし、最後に手の平全体で額の中央からこめかみへと流すように動かします。

頬全体を手の平で包み込んだら、髪の生え際まで引き上げるようにリフトアップすれば、マッサージは完了です。

最初の頃はマッサージの手順が覚えられないかもしれませんが、毎日継続していると手順も覚えられるはずです。

また、朝に「QuSomeリフト」を使ってマッサージをしておくと、1日中シャープなフェイスラインをキープする事が出来ますよ。

美顔器よりもシャープなフェイスラインを作れると評判のマッサージ美容液「QuSomeリフト」で、是非心地良い緊張感のあるフェイスラインを手に入れてください。

【プロモーションビデオ】

ほうれい線に効くマッサージ美容液【QuSomeリフト】の詳細・ご購入はコチラ