ほうれい線エクササイズ!…【対策グッズ】はコレがお勧め!-ほうれい線に効く化粧品…騙されたと思ってコレを使ってみて!

ほうれい線エクササイズ!…【対策グッズ】はコレがお勧め!

笑うかどには福がくる!!

……と言うことわざがありますが、たしかに、にこやかに笑っている顔は様々なことに良い影響を与えます。

でも、女性の視点で見てみると、思い切り笑うことで目じりに深くしわが刻まれてしまうなど、良いことばかりではありません。

特に女性達が恐れる嫌なしわのひとつに、ほうれい線と呼ばれるしわがあります。

鼻の脇から口の横にかけて八の字のように伸びる二本のしわで、このしわがあるために顔が年齢よりもずっと老けた見た目になってしまうことに悩んでいる人は少なくありません。

では、なぜこのしわができてしまうか?

……というと、その最大の原因は、表情筋の衰えによるものです。

表情筋というのはその字の通り、人が様々な表情を作る時に働いてくれる顔の筋肉の事で、多くの種類の筋肉が複雑に働くことで人は顔のパーツを動かして様々な表情を作ることが出来ます。

笑う、泣くといった顔の表情を作るためだけでなく、ものを食べるために口をあける、噛む、頬を膨らませて息を思い切り吐き出すなど、日常的に行われる顔の動作のあらゆることを可能にしているのが表情筋です。

体の筋肉が運動不足によって衰えてしまうのと同じように、顔の筋肉もしっかりと動かしてあげないと、運動不足に陥って衰えが進行してしまいます。

そして、この表情筋が衰えることによって、顔にある脂肪などのさまざまな組織を支える力も弱まり、その結果目の下や皮膚などが下垂してほうれい線を刻むことになってしまうという仕組みなのです。

勿論、筋肉の衰えだけではなく、加齢に伴って肌の潤いが失われて弾力性やハリがなくなることも関係しています。

しかも、たくさんある表情筋のうちでも、普段の生活の中でしっかりと動かしているのは、全体の3割程度だといわれています。

残りの7割は、ほとんど使われることがないままだと言います。

こんな状態であれば、筋肉が衰えてしまうのを防ぎようがありません。

歳のせいだから仕方ない!

……そんな風に諦めて何もせずに手をこまねいていると、筋肉はますますたるんでしまいます。

若い頃は頬の位置も高くフェイスラインもスッキリとした小顔だったのに、年齢を重ねていくうちになんだか顔が大きくなったような気がする!…というのもよく言われることです。

これっ、実は顔そのものが大きくなるのではなく、表情筋や肌の衰えによって顔の組織が下垂し、フェイスラインをしまりのないものにしている結果、そのように見えてしまうというものなのです。

一刻も早く、効果的なエクササイズなどを行う対策を始めるようにしましょう。

目立たなくする効果絶大!簡単にできるほうれい線エクササイズ

ほうれい線は、顔の印象が急激に老けたものになるとても怖い存在です。

しかも、加齢によるたるみが加わると、とんでもなく老け顔になってしまいます。

鼻の脇から伸びる2本の線があることだけで老け顔に確実に近づいてしまうので、なるべく普段の生活の中でほうれい線を目立たなくさせる対策をとらなければなりません。

ほうれい線に限らずしわができてしまうと、女性はとかく出来てしまったしわの部分に、いろいろと対策をとりたくなりがちです。

ほうれい線に直接美容液をたっぷりと塗ってみたり、ヒアルロン酸などを皺の部分に注入する美容法もあります。

特にヒアルロン酸を注入する方法は、美容効果がはっきりとわかることから、希望する人も多いですね。

でも、一時的にほうれい線が目立たなくなるのは確かですが、ほうれい線ができてしまう原因を考えれば、また、ほうれい線が刻まれてしまうことは避けられません。

また、簡単にできるエクササイズを普段の生活の中に取り入れてみるのも一つの方法です。

多くの女性が悩まされる、ほうれい線を目立たなくさせる効果が期待できます。

おススメで効果絶大なエクササイズが、口の中で舌を回すエクササイズです。

普段あまり意識することのない、口の周りや舌の筋肉を鍛えるためのエクササイズで、ほうれい線を解消する効果は絶大。

それだけでなく、二重あごをスッキリと引き締める嬉しい効果も期待できる、優れもののエクササイズです。

やり方はとても簡単で、まずは口を閉じたままで自分の舌の先を前歯の歯と歯ぐきの間に差し込むようにします。

上唇の裏側からスタートして舌を強めに押し当てながら、ほうれい線の内側を通り、下の前歯と下唇の間を通って、今度は反対側のほうれい線の内側を下から上に向かって動かし、スタートした場所へと戻って一周です。

この回し方を左右それぞれに、1回当たり20回ほど回して一セットとし、気がついた時に出来れば一日三回程度行うと効果的です。

最初は、このほうれい線エクササイズを行うと、舌がとても疲れる感覚がありますが、それこそ効いている証です。

例えば、朝メイクをする前に……ランチが終わった時に……夜お風呂にはいる時に……といったタイミングで行うことを習慣にしてしまうのがオススメです。

さらに舌をしっかりと動かすことで、唾液の分泌量が確実に増えるため、歯周病や口臭などを予防する効果が期待でき、習慣化することで顔のゆがみのバランスが整えやすくなるということにもつながるといわれています。

いつでも好きな時に出来て、しかも効果が絶大なほうれい線エクササイズとして、普段の生活に積極的に取り入れてみて下さい。

ほうれい線を消すために便利なグッズも上手に活用しよう!

体を若々しい状態に保つために、ほうれい線に効く化粧品を使いながら、筋肉を鍛えることは欠かせません。

筋肉も使わなければだんだんと衰えてしまうのは当然のことで、そのために多くの人々がスポーツジムに通ったり、ウォーキングなどの運動を普段の生活の中に取り入れて健康をキープしています。

顔のお手入れというと化粧品を使ったスキンケアを思い浮かべがちです。

でも実は、顔も体同様に無数の表情筋と呼ばれる筋肉からなっているからだのパーツのひとつなので、表情筋を鍛えることでフェイスラインや表情などに大きな変化があらわれるものです。

若々しく見える顔と、どこか疲れて老けた印象を受ける顔の違いは、この表情筋にあります。

表情筋がしっかりと鍛えられて引き締まっている人はフェイスラインもスッキリとして、ほうれい線も出来にくくなります。

ほうれい線を目立たなくしたければ、何よりも顔のフィットネスを意識することが大切です。

そのためには頬や口の周りの筋肉をしっかりと鍛えてあげることが必要です。

特にほうれい線を解消するためには、小頬骨筋と大頬骨筋や口元の動きに関係する口輪筋を鍛えることが効果的です。

そのために効果的なグッズも数多くありますが、マウスピースを使って口輪筋を鍛えるグッズもとても高い人気があります。


【フェイシャルフィットネス PAO(パオ)】

テレビCMでガンガン流れている『PAO・パオ』はお馴染みですね。

左右に長いバーのついた器具を口にくわえた状態で首を振り、小さな力で大きな負荷を生み出す口元のエクササイズ用の器具。

左右の頬や口元の表情筋を効率よく鍛えることができるほうれい線対策グッズとして人気があります。

ほうれい線エクササイズ!…対策グッズ【フェイシャルフィットネス PAO(パオ)】MTG OnlineShopはコチラ



【表情筋エクササイズ PULLTRE(プルトレ)】

その他にも、『PULLTRE・プルトレ』はマウスピースを口にはめ、「う」と発音するときのようにすぼめた口の形をキープします。

マウスピースはこの動きとは逆の力が働いているのでこの状態をキープするとかなり口元がだるくなります。

口元が疲れたら楽な形にして休み、再び口をすぼめるようにして力を入れることを繰り返して行います。

このほうれいせん対策のためのグッズを使ってエクササイズを行うと、口元やほほの筋肉に疲労感を感じます。

そしてこれが普段あまり意識して動かさない表情筋を鍛えることに繋がるのです。

価格も手ごろで、モノもとてもコンパクトなサイズなので場所をとらずいつでもできるのが魅力のほうれい線対策グッズなのですが、口にくわえるものなので、保管する際の衛生状態は良くしておくようにすることが大切です。

ほうれい線エクササイズ!…対策グッズ【表情筋エクササイズ プルトレ】OnlineShopはコチラ

最後に一言!

どんな製品を使うにしても、長く続けてこそ効果が現れるものです。

三日坊主では十分な効果が得られないので、自分で続けられそうなものを、しっかりと選ぶことが最も重要なポイントです。