ほうれい線の改善!…まずはその【原因】を知ろう♪-ほうれい線に効く化粧品…騙されたと思ってコレを使ってみて!

“ほうれい線の改善!…まずはその【原因】を知ろう♪

ほうれい線ができる大きな原因としては、まず、年齢を重ねたことで起こる、加齢による ”肌のたるみ” が挙げられます。

人の皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層からできていて、その下に脂肪組織と筋肉があります。

若い人の肌では、皮膚の内部では細胞分裂が活発に行われていて、新陳代謝が繰り返されるおり、柔軟性や弾力がある瑞々しい肌を保つことができています。

しかし、20歳を過ぎる頃からその活発な働きは衰え始め、柔軟性が失われていくのです。

30歳ではなく、20歳ですよ!

特に、真皮を支える役割である繊維成分の、コラーゲンとエラスチンが緩んでしまうことにより、 ”たるみ” になっていくのです

そして、年齢が高くなればなるほど顔の皮膚がたるんでいき、次第に、目の周りや頬、首のラインにも ”たるみ” が現れるようになります。

そのたるんだ部分にクセができ、やがて、シワやほうれい線へとつながっていくというわけです。


また、”肌のたるみ” は、表情をつかさどっている顔の筋肉と筋膜が関係しているんです。

そのため、年齢と共に表情筋や肌を土台から支える筋膜が衰えてくることと重なり、肌が重力に負けてしまい下垂して ”たるみ” が顕著となり、ほうれい線が刻まれてしまうことになってしまうのです。

それから、このようなほうれい線が出来てしまう最大の原因である ”たるみ” は、加齢だけでなく紫外線も大きな原因となっています。

それは、瑞々しい肌は、肌のハリを保つコラーゲンとエラスチンによって維持されていますが、紫外線を少しずつでも長期間浴びたり、短時間でも大量に浴びることで、コラーゲン線維やエラスチンを作り出す細胞が傷つき、生成が減少していくからなんです。

そして、窓ガラスなどでも簡単に透過し、真皮まで届いてしまう紫外線のA波は、冬場の薄曇りでも降り注ぐため、家に居ても真皮の日焼けが進行するのです。

そんな紫外線A波によるダメージによって肌の ”ハリ” まで失われ、肌の老化スピードが上がり、タルミやシワからくる醜い ”ほうれい線” の原因になるのです。


まだまだ、ほうれい線や肌のタルミは、無理なダイエットによって起こることだってあるんです。

適度に行われるダイエットでは、代謝が活発となるので肌は健康になり、また、適度な運動を定期的に行うことで、細胞の新陳代謝が活発化するため、肌への栄養も充分に届くようになります。

一方、極度なダイエットでは、急激な痩身により、シワやタルミなどの肌の劣化が急速に現れるようになるのです。

さらに、若い頃の体重の変化ではあまり目立たなかった ”たるみ” が、真皮のコラーゲン線維やエラスチンが弱まる40代以降では、急激な体重減少によって、 ”たるみ” や ”ほうれい線” ができる原因ともなる場合が少なくないと言えるのです。

ほうれい線を改善しよう!

ほうれい線を改善するためには、何より肌の ”たるみ” を作らないことが大切です。

そのためには、充分な保湿や紫外線対策に加え、日常的に行える簡単な顔のエクササイズを実施することが効果的になります。

そして、保湿が大事になり、乾燥は大敵になります。

毎日のお手入れがとても大切ですが、もっとも効果的なのは、洗顔やバスタイムの後に、多めの化粧水や美容液、乳液などを気になる部分にたっぷりと滲み込ませ、同時にマッサージも行うようにすることで、お肌の ”たるみ” を改善することができるのです。

また、ほうれい線の改善には、原因ともなる紫外線対策も重要で、メイクする前に、しっかりと日焼け止めを顔や首に塗り、さらに、UVカット効果のあるファンデーションをその上から重ねたり、また、夏場の紫外線が強い時期には、日焼け止めを2?3時間に1回程度、塗り直すことも効果的です。

さらに、ほうれい線が気になってきた段階で、顔のエクササイズを行うと、”たるみ” の進行を食い止めることができるようになります。


そんな顔のエクササイズは、まず、口の中に空気を入れて充分に膨らませ、そのまま口を閉じた状態を1分間、3回行います。

さらに、あいうえおの発音の中のいを口角を大きく左右に広げながらゆっくりと10回程度行います。

最後にうの発音にて、口をすぼめることを10回行います。

これらを1日に数回繰り返したり、常に口角を挙げることを意識すると表情筋が鍛えられ、ほうれい線の改善にもつながります。


また、表情筋を鍛えるためのエクササイズでは、大きな口を開け、あ、え、い、お、うとゆっくり発音します。

その状態で5秒間そのまま、これを1日、5~10回行いますが、良く喋り、良く笑う人は、それだけで大頬筋が鍛えられます。

さらに、表情筋を鍛えることで、”頬のたるみ” に効果があるほか、表情筋の周りの活性化や新陳代謝を促し、真皮の成分のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す繊維芽細胞にも働きかける効果がでてくるのです。

それと、アミノ酸が不足すると皮膚にシワやタルミが増える原因ともなるので、食事で不足する場合には、サプリメントで補うことも必要で、ミネラルやタンパク質などの補充も大になります。

尚、ほうれい線のケアは早期に始めることが効果的ですが、近年では、ほうれい線の改善に、コラーゲン線維やエラスチンの産生を促し、伸びたコラーゲン線維を太く、線維芽細胞を活発化させる高周波治療、光治療、ヒアルロン酸注射などの美容医療も進化してきました。

ほうれい線を予防するには?

通常、人は加齢と共に成長ホルモンの分泌が低下し、線維芽細胞の機能が衰えてきます。

そして、コラーゲン線維の生成と分解のバランスが崩れ始めるのは、20代頃と早く、また、若い頃に浴びた紫外線の影響がある40代以降では、年齢と共に、肌のハリが失われ、シワやタルミが目立つようになります。

そのため、ほうれい線を作らないよう予防するには、肌の土台である真皮の線維芽細胞を形成しているコラーゲン線維とエラスチンを傷つけないようにすることが大切になります。

そして、肌をたるませ、ほうれい線を作り出す長波長の紫外線A波を予防することが必要となりますが、コラーゲン線維とエラスチンの線維を傷つけず、脆弱にしないことにより、肌をタルミから保護することができるようになります。


また、紫外線A波は、季節や天候に関係なく、一年中、日の出から日没まで、屋内にいても窓ガラスを透過するという性質があります。

あまりにもほうれい線が気になって、徹底的にやるんだったら、家の中に居るときでも、日焼け止めを塗るようにすることが、ほうれい線の予防にもなります。

さらに、質の良い充分な睡眠と習慣的に行う運動は、成長ホルモンの分泌を促進させる効果があることから、肌のハリを保ったり、ほうれい線ができる予防としても役立ちます。

これは、単に肌のためというだけでなく、健康的な生活を送るための基本であります。

そして、ほうれい線の予防には、バランスの取れた食事は大切で、肌を若々しく保つためには、ビタミンやミネラル、必須アミノ酸、必須脂肪酸が必須で、体内では生成出来ない栄養分やどうしても食事だけでは不足してしまうと思われる成分は、食事と一緒にサプリメントで補うことをお勧めします。


それから、ダイエット中の方は脂肪分を避けるようになりますが、過度に脂肪分を抑えると皮膚の乾燥につながり、肌のタルミやほうれい線を作ることになってしまいます。

肌の潤いとハリのある肌を保つためには、必須脂肪酸などの皮膚の乾燥を防止する栄養素を積極的に摂取するようにしましょう。

このような必須脂肪酸とは、魚や植物の脂質に多く含まれていますが、魚には、コラーゲンの合成を助けるミネラル分も多く含まれるので、肌を瑞々しく保つためにお勧めしたい食材です。

さらに、乾燥しがちな冬場には、化粧水や乳液、ミストなどで肌に充分な水分を補給することで、口元のシワやタルミ、ほうれい線を予防できます。


そして、肥満が進むと、頬が重量で下がり、皮膚が伸びてしまってほうれい線が目立ったり、フェイスラインがたるんでしまいますので、適性体重の維持は必須と言えます。

尚、”怒り” は、表情を作る筋肉がこわばり、余計なシワが定着したり、精神的にも悪い影響を与えてしまいます。

意識して口角を挙げることを心がけ、明るい気持ちでほうれい線の予防をするようにしましょう。

そして、気になるようになったら、ほうれい線に効く化粧品『ビーグレン』を試してみて下さい。