ほうれい線…【化粧水】のお勧めはコチラ♪-ほうれい線に効く化粧品…騙されたと思ってコレを使ってみて!

ほうれい線…【化粧水】のお勧めはコチラ♪

では、気になるほうれい線を消すのに、おすすめな化粧水をご紹介します。

それは、ビーグレンの「10-YBローション」になります。


DayケアとNightケアの両方に使えて、しっかりと弾力のある肌に変えてくれるんです!

ほうれい線ができてしまうと、年齢よりも上に見られてしまいますよね。

ほうれい線ができてしまうのは、お肌のハリを守る水分量が減ってしまうのと、肌の土台がゆるんでしまうからなんです。

こんな状態になってしまうと、表面ばかりのケアだけではほうれい線を消すことができなくなってしまいます。

本当にほうれい線に効く化粧水とは、肌の土台の潤いをアップさせるスキンケアではないでしょうか。

化粧水選びでは


有用成分が肌の奥までしっかり浸透させられるか……

持続力があるか……


ということを意識することが大切になります。

どんなに高価な化粧水を使っても効果が感じられない場合、有用成分が肌の奥まで浸透せず、肌の表面で短時間しか留まらないことが原因の可能性があります。

ほうれい線に効く化粧品……化粧水の「10-YBローション」は、独自の浸透テクノロジーを使って、エイジングケアに必要な成分を角質の奥まで浸透させるように工夫されています。

超微小カプセルに有効成分を包み込んで、角質の奥まで届けられるようにした独自のテクノロジーです。

この力により、安定した効果を発揮させることができるようになったのです。

また、成分を必要としているところに的確に届けられるようになっています。

徐々に包み込まれた成分が放出されるので、長時間効果が続くのもメリットです。

もちろん、日本人の女性の肌質に合うように開発されており、ほうれい線のケアにぴったりになっています。

美容成分が角質の奥まで入り込むことで、長時間うるおいを与えるとともに、肌を守る機能をアップさせるブースター化粧水としても力を発揮してくれるのです。

たるんだ毛穴にハリを与えることで、肌のなめらかさを取り戻してくれます。

ほうれい線を消すために必要なのは、水分補給の保湿ケアです。

この毎日の積み重ねによって、肌のみずみずしさをキープさせることができるのです。

つまり、それだけ肌にとって水は必要だということなのです。

スキンケアで水の役割を果たしてくれるのが化粧水ですが、ビーグレンのほうれい線に効く化粧水「10-YBローション」では、水の内容と必要量を考えたエイジングケアができるように考えられています。

とろりとした付け心地にもかかわらず、つけた後の肌はべたつかず、肌の上でふんわりと広がるようなやさしい感覚が肌を包み込んでくれますよ!

肌の成長をキープさせる成分

ほうれい線ケアの化粧品には、肌を成長させるようなサポート役が必要です。

このサポートにおすすめの美容成分が、「10-YBローション」には5つも含まれているんです。


クロノライン

人体にあるHGF(幹細胞増殖因子)様合成ペプチドの「クロノライン」は、肌の基礎となり、土台つくりに力を貸してくれます。


FGF(FGF-1)

「FGF(FGF-1)」は人体にあるFGF(線維芽細胞増殖因子)合成ペプチドです。

この成分は、肌にひきしまった弾力感を与えます。


EDP3(EGF様成分)

「EDP3(EGF様成分)」は人体にあるEGF(上皮成長因子)様合成ペプチドのことです。

加齢とともに肌の新陳代謝(ターンオーバー)は衰えてしまいます。 EDP3にはこのターンオーバーを整えて、常に綺麗な肌でいられるようにサポートしてくれます。


IGF-2

「IGF-2」は人体にあるIGF(インスリン様成長因子)を意味します。

これもFGFのように、弾む肌になるように促してくれます。


ホメオシールド

「ホメオシールド」は、褐藻(こんぶ・わかめ・ひじきetc)から有効成分を抽出して、濃度を高めたものです。

このエキスは、角層の乱れをなおして、すべすべの肌にさせてくれます。


ホメオシールド以外はもとから人体にある合成ペプチドです。

これをプラスすることによって、肌の基礎を整えて、新陳代謝のサイクルを回りやすくして、ハリや弾力をキープできるようにさせることができます。

さらにホメオシールドを加えることで、角質をしっかりと整えてレベルアップしたすべすべの肌を目指します。


おすすめの化粧水10-YBローションは、美容液のように成分が濃く配合されています。

これにより、肌にもともとあったバリア機能を高めながら、ほうれい線を消すことで若々しいすべすべ肌へアプローチさせていきます。

洗顔後の肌は、見た目にはわかりませんがとても乾燥しています。

この状態はバリア機能が失われていて、外部からの刺激にとても弱い状態です。

乾燥によってバリア機能が衰えてさらに乾燥を招くという悪循環を引き起こします。

おすすめの化粧水は5つの美容成分が超微小カプセルに包み込まれているので、表面だけではなく角層の奥までしっかりとほうれい線ケアに必要な成分を届けることができます。

ほうれい線を消すためには保湿が重要です。

加齢とともに保湿力は落ちてしまいますが、10-YBローションは加齢によって肌に水分を保つ力が弱くなってしまっている人の肌にも、おすすめできる保湿力を備えています。

効果的な化粧水のつけ方!

優れた成分が配合された化粧水を、最も効果的にする化粧水のつけ方をご紹介します。


ローションの容器から直径3cm程度化粧水を取り出したら、手のひらにのせます。

これを両手で軽くなじませて、つけやすくしておきます。


両手のひらを顔全体を包み込みように頬のあたりから包み込み、やさしく押さえるように押しづけしていきます。


頬、額、あごにつけ終えたら、今度は細かいパーツの目、口、鼻のまわりを中指と薬指を使って押さえるようにしながら化粧水を浸透させます。


最後に手のひら全体で顔を包み込んで、手のひらが顔の肌にしっとりと吸いついてくるまで、ふんわりと押さえます。

やさしく、しっとりとなじませるのがポイントです。


「10-YBローション」を実際使ってみると、


肌への浸透力が高い!

重ねづけしてもゲル状にならない!

しっとりした使用感!

次の日までしっとり感が続く!

コストパフォーマンスがよい!

乾燥肌対策になる!


こんな感想を私は持ちました。


ケアのために重ねづけする女性は少なくありませんが、今まで使ってた製品ではうまく浸透せず、ゲル状になってしまい、顔に残ってしまうということになっていました。

その点、「10-YBローション」は浸透力を重視したつくりになっているので、つけた瞬間にしっかり浸透されて残らないという点も評価できます。

ビーグレンの製品は従来のものと異なり、成分を一定バランスで届けられなかったという問題を解決してくれました。

エイジングケアに必要な成分をちょうど良い絶妙なバランスで保たせながら、超微小カプセルに閉じ込めることに成功しています。

必要な場所に確実に届けるというのが、ほうれい線のケアには不可欠なことですので。

無理やり肌をいじめるようなことはせず、肌が本来もっている潜在能力を引き出して、肌を支えるための土台を作る力をサポートさせることで、弾力とハリのある肌を取り戻してくれるのです。

年齢を感じさせないような、内側から押し返すような弾力を取り戻したい方に、特にお勧めいたします。

栄養補給、水分補給によって、肌のリズムを取り戻してキメ細かい若々しい肌をキープさせることができるはずです。

高い化粧水を使っているけれども、いまいち効果が感じられない、高すぎて使い続けるのが難しい、などという方はビーグレンの「10-YBローション」を一度試してみて下さい。

クレイウォッシュ(洗顔料)、クリーム、美容液がセットになった「たるみ・ほうれい線ケア プログラム」のお試しセットが1,800円で用意されてるので、まずはそれを使ってみるといいですよ。

ビーグレンの「10-YBローション」は大人の肌の悩みを解決してくれる、コストパフォーマンスの高い化粧水と言えのではないでしょうか。

ほうれい線に効く化粧水【ビーグレン・10-YBローション】の詳細・ご購入はコチラ